能王山盛圓寺

神奈川県横浜市青葉区すみよし台31-8

墓苑のご案内

墓苑のご案内

アクセスしやすい立地

喧噪から離れた閑静な住宅街に立地しております。また、交通至便でバス、お車でのアクセスが可能です。詳しくは交通のご案内をご参照下さい。

墓地の形状

バリアフリーに配慮した平坦墓地です。お子様お年寄りにも快適にご利用いただけます。

設備

本殿・客殿・休憩所・駐車場を完備しております。
客殿の中にはスロープ、リフトを設置しておりますので、足の不自由な方にも安心してご利用いただけます。
ペット墓もございます。(当墓苑契約者のみ利用可)

墓苑の募集概況

日蓮宗以外の方でもお求めいただけます。(但し在来仏教のみ)
墓地使用権をお求めの後は、仏事・法事は全て当寺住職が日蓮宗の流儀で執り行います。

申し込み方法

先着順にて申し込み受け付けを行っております。
申込金として1万円を頂戴いたしておりますので、お申し込みの際には申込金1万円と印鑑をご持参下さい。
墓石の種類はこちらをご参照下さい。
○遺骨のない方でもお求めいただけます。

お問い合わせ・お申し込みは盛圓寺管理事務所まで
所在地及び連絡先
盛圓寺管理事務所 横浜市青葉区すみよし台31-8
電話番号 045-962-8394 受付時間 10:00~17:00

墓苑のご案内

和型規格完成型

0.8平米

墓地使用料・墓石及び工事代を含むセット価格

西向 1,855,000円(税込)
東向 1,875,000円(税込)

管理料(年間) 5,000円

※上記は完成型価格です。
(上記金額には、白みかげ石八寸角が含まれております。)

和型墓石区域

1.6平米

墓地使用料

西向 980,000円
東向 1,000,000円

管理料(年間) 7,000円

※上記墓地は和型墓石建立の外柵です。墓石代は含まれておりません。

1.92平米

墓地使用料

西向 1,230,000円
東向 1,280,000円

管理料(年間) 8,000円

※上記墓地は和型墓石建立の外柵です。墓石代は含まれておりません。

2.08平米

墓地使用料

西向 1,340,000円
東向 1,400,000円

管理料(年間) 9,000円

※上記墓地は和型墓石建立の外柵です。墓石代は含まれておりません。

2.4平米

墓地使用料

西向 1,600,000円

管理料(年間) 10,000円

※上記墓地は和型墓石建立の外柵です。墓石代は含まれておりません。

一代供養墓

0.4平米(久遠墓)

墓地使用料・墓石及び工事代を含むセット価格

東向 1,277,000円(税込)

管理料(年間) 5,000円

※一代使用料には、33回忌迄のお経料、管理料等の費用が含まれております。
●ご戒名料は別途になります。
●ご夫婦等2名様の場合は、上記金額に20万円が加算されます。

洋型規格完成型

0.5平米

墓地使用料・墓石及び工事代を含むセット価格

東向 1,555,400円(税込)

管理料(年間) 5,000円

※上記墓地は完成規格型です。上記金額にオルガン型墓石が含まれております。

1.0平米

墓地使用料

東向 660,000円

管理料(年間) 10,000円

※上記墓地は完成規格型です。墓石は洋オルガン型になります。

参道付完成型

0.88平米

墓地使用料

東向 550,000円(税込)

管理料(年間) 5,000円

※上記墓地は完成規格型です。墓石は洋オルガン型になります。

緑地付規格完成型

1.18平米

墓地使用料

西向 750,000円
東向 800,000円

管理料(年間) 10,000円

上記墓地は完成規格型です。墓石は洋オルガン型になります。

1.87平米

墓地使用料

西向 1,150,000円
東向 1,200,000円

管理料(年間) 10,000円

上記墓地は完成規格型です。墓石は和洋型になります。

洋型墓石区域

1.86平米

墓地使用料

西向 1,150,000円
東向 1,200,000円

管理料(年間) 7,500円

上記墓地は洋型墓石建立の外柵です。墓石代は含まれておりません。

1.92平米

墓地使用料

西向 1,230,000円
東向 1,280,000円

管理料(年間) 8,000円

上記墓地は洋型墓石建立の外柵です。墓石代は含まれておりません。

2.24平米

墓地使用料

西向 1,450,000円
東向 1,500,000円

管理料(年間) 9,000円

上記墓地は洋型墓石建立の外柵です。墓石代は含まれておりません。

2.33平米

墓地使用料

西向 1,500,000円
東向 1,580,000円

管理料(年間) 9,000円

上記墓地は洋型墓石建立の外柵です。墓石代は含まれておりません。

4.7平米

墓地使用料

南向 4,000,000円

管理料(年間) 25,000円

上記墓地は洋型墓石建立の外柵です。墓石代は含まれておりません。

申し込み方法

先着順にて申し込み受け付けを行っております。
申込金として1万円を頂戴いたしておりますので、お申し込みの際には申込金1万円と印鑑をご持参下さい。
○遺骨のない方でもお求めいただけます。

お問い合わせ・お申し込みは盛圓寺管理事務所まで
所在地及び連絡先
盛圓寺管理事務所 横浜市青葉区すみよし台31-8
電話番号 045-962-8394 受付時間 10:00~17:00

お墓の豆知識

宗派

『仏教』にはご存知のとおり、いろいろな宗派があります。
お釈迦様は、聞く方々に応じて、最もわかりやすい説法を選んでいらっしゃいました。その時々の教えがそれぞれお経になりました。
お釈迦様がお隠れになったのち、数々のお経の中からどの教えを採るか、どう解釈するか、後世の弟子たちが議論を重ねました。こうして、いくつもの宗派が生まれたのです。

日本では、徳川幕府の政策によってお寺が戸籍を管理することになり、家々の宗旨が固定されるようになりました。しかし、宗派間の交流もあって、地域の人々は宗旨に関わらずお寺の行事に参加していたのです。
ご婦人の場合、結婚すると嫁ぎ先の宗旨に入りましたので、「うちは代々○○宗」とおっしゃる方でも、母方のご先祖が他宗ということもあり得ます。浄土では、宗旨の違いを超えて、皆さまが仲良くされていらっしゃるのでしょう。

お墓の様式

当墓苑は和型墓石の区域と洋型墓石の区域に分かれております。
また、独身の方、跡継ぎのない方々のために、久遠墓というお墓も用意しております。詳しくはこちらをご参照ください。

仏花の供え方(選び方)

仏様に供える花というと、かつては菊や百合のように、落ち着いた趣の花が一般的でした。しかし最近では伝統にこだわらず、故人が生前にお好きだった種類や色の花でお見送りすることも多くなりました。ご葬儀にも、さまざまな花が用いられることが珍しくありません。

思えばお経の中でも、浄土は百花繚乱の花々が咲き満ちていると説かれているのです。その浄土に住む仏様にお供えするお花が色とりどりなのは、理にかなうことでしょう。
ただ、匂いがよくない、かぶれやすい花は避けたほうが無難です。また、バラなどトゲのある花も扱いに注意しましょう。
そして、大切なのは、仏壇を常にきれいにすることです。花や葉が落ちたらお掃除をし、水もまめに替えましょう。その小さな心遣いに、仏様はきっと喜んでくださるはずです。

お墓と相続

家や土地は相続のときに課税されますが、お墓はどうでしょう。 実は墓地や墓石、仏壇などには相続税がかかりません。信仰に基づく宗教的なものに税はなじまないでしょうし、何より、換金可能な資産ではないからです。祭祀権は一人が継ぐために、お墓や仏壇を分割したり、金銭評価して相続の分配に含めることもありません。
また、ご葬儀の費用が相続税の控除対象になることも知られていますね。
しかし、新たにお墓や仏壇を取得する費用を遺産から出す場合は、実は控除にはならないのです。間違えてしまいがちですので、注意しましょう。生前にお墓を持つのと亡くなってから用意するのでは税金が違うというのも、不思議な話ではありますが……

寿陵

元気なうちにお墓を建てることに抵抗のある方は、きっと多いことでしょう。
実は、古来から生前に建てるお墓は『寿陵』(または『寿藏』)と呼ばれ、長寿を運ぶ縁起の良いものといわれているのです。

歴史を紐解いてみると、エジプト王のピラミッドも、中国の皇帝たちも、生前から墓作りに大々的に取り組んでいました。もちろん、巨大なお墓の完成には時間がかかりましたので、王座に就いて早々に始める必要があったでしょう。それでも、後生の安穏を願うことで、現世を強く生きようとした権力者たちの思いは、今を生きる私たちにも通じるのではないでしょうか。

塔婆について

塔婆は、『卒塔婆』(そとうば)を略した呼び方ですが、これは、梵語(古代インドの言葉)、『スツーバ』(積み重ねるの意)が語源です。この言葉が中国へ渡り、『卒塔婆』という漢字となって日本に渡ってきました。
お釈迦さまがお亡くなりになられたのち、火葬にしたお骨や、ご出家のときに切られた髪などを十ヶ所に分けて埋葬いたしました。そこにお釈迦さまを偲んで十基の塔が建てられましたが、それが、塔婆の始まりです。

形や材質に違いはありますが、塔婆の本体は、『空(くう)、風(ふう)、火(か)、水(すい)、地(ち)』という、この世界を形作る五大元素を表現しています。それは、私たち人間の体は、、宇宙と一体であるとともに、お釈迦さまとも一体であるという精神の表れといえるでしょう。そして、その小さな宇宙に、仏さまとなった方の戒名を僧侶がしたため、供養するのです。
お寺の横にそびえる五重塔や三重塔などの仏塔も、ご先祖のお墓の塔婆も、お釈迦さまのお墓『スツーバ』から始まっているのですね。

copyright © 2015 Jyoenji All Rights Reserved

トップへ